TS over IP入力 ASI出力ユニット[DBS7700] - 放送機器OEM/ODMに強い会社とは?!
▲ TOP
放送・通信関連製品
地デジTS IP変換

TS over IP入力 ASI出力ユニット

DBS7700

価格:オープン

DBS7800からのIP入力に対応したASI出力の小型筐体ユニット

IP入力のTSパケットを、ASIに変換し出力する機器です。ASI入力IP出力のユニット「DBS7800」と組み合わせることで、拠点間の映像伝送をリアルタイムに安定した品質で行うことが出来ます。筐体もほぼA5サイズと小型なため、置き場所を選びません。

カタログ

製品特長

● IP入力されたTSをASIに変換し出力

本製品はTS over IP入力対応のASI出力ユニットです。ASI入力IP出力のユニット「DBS7800」からIP入力されたTSパケットをASIに変換し、出力します。ASI入力対応のOFDM変調器「DBS7590」と組み合わせれば、既存のRF線を利用した自主放送・共聴システムを構築することも可能です。

● 小型ユニットの為、置き場所を選びません

筐体サイズはH=38mm W=130mm D=211mmと、A5サイズ程度と小型なので、置き場所に困ることなく設置することが出来ます。

● PRO-MPEG CoP3準拠、FECによるパケロスを低減します。

FEC機能がミスパケットをカバー。パケットロスのリスクを低減させ、IP回線でも安定した映像品質で伝送することが可能です。

製品説明

130(W)×38(H)×210(D)mmのコンパクト筐体にASI入力・TS over IP出力機能を搭載しました。受信したTSをリアルタイムでTS/IP変換し、ユニキャスト或はマルチキャストでRTP伝送します。
PRO-MPEG CoP3準拠の、FECの付加をすることでパケットロスを低減することが出来ます。
送られてきたパケットの遅延時間(バッファリング)も設定できるため、安定した伝送を調整することが出来ます。


ブロック図
IP入力のTSをASI出力

インターフェース
IP入力のTSをASI出力

構成例
IP入力のTSをASI出力※機器の機能としては可能な構成ですが、実用に向けた回線の確認(専用回線で安定的に伝送できるか)著作権等の法的な確認を行った上でお買い求めください。

仕様

基本仕様

製品名
製品型番 DBS7700
製品区分 ASI入力 TS over IP 出力ユニット
ASI入出力
入力端子 DVB-ASI×1(BNC 75Ω) 信号振幅:720~950mVp-p
出力端子 DVB-ASI×1(BNC 75Ω) 信号振幅:800mVp-p
ストリーム形式 MPEG2-TS(188/204Byte)
伝送速度 最大216Mbps
TS over IP
IP入力
IP出力
通信インターフェース RJ-45 10/100/1000Mbps IEEE802.3準拠
転送プロトコル RTP(UDPのみ) FEC(Pro-MPEG CoP3)、マルチキャスト対応
伝送方式 CBR伝送
その他
電源 DC12V
消費電力 DC12V入力にて25W以下
外形寸法 H=38mm W=130mm D=211mm(突起含まず)
重量 1.0kg以下(ACアダプタ含めず)
動作条件 温度 0~40 ℃
湿度 55 % ±10 RH (結露なきこと)
保存・輸送条件 温度 -20~60 ℃
湿度 20~85 % RH (結露なきこと)
付属品 ACアダプター、電源ケーブル
オプション(有料)

※製品のデザイン、仕様、外観は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください


お問い合わせ
関連製品
■製品保証に関して
御納品から1年間は無償保証期間となります。保証期間内に発生した弊社瑕疵による故障はセンドバックにて対応いたします。
尚、お客様の瑕疵による故障につきましては保証期間内であっても有償対応となります。詳しくはこちらへ。