企業情報 - 放送機器OEM/ODMに強い会社とは?!
▲ TOP

企業情報

トップメッセージ

一瞬に輝く

ヒロテック株式会社最初に私が持ち合わせている時間の有限さを感じたのは兄と一緒に行ったキャンプの時でした。私の田舎は熊野古道がある木の国・和歌山です。

夏の暑い日でも山間の川は冷たい。いもりの赤い腹を追いかけているうちに、川原のそばに石垣があることに気づきました。目をこらすと木々が生い茂ったその奥は実は田んぼでした。田んぼから山頂にかけての南側緩斜面は全体が畑です。その瞬間私は悟りました。そこにはその昔、人が住んでいたと。地元の人間でも行かない山奥にさえ、過去には人が住み、畑を耕し、田んぼをつくった。でも、今は誰もいなくなり、自然に帰ったのだと。

熊野古道を歩いた人は、きっと、思ったに違いありません。こんな山奥にどうして道があるのかと?
主要な産業など何もない。あるのはぼたもちのようなごつごつとした山々そこを切り裂くように流れる川とへばりつくようにある民家東北のような穏やかな自然の風景ではありません。そこに住む人々は昔から、海外に出ました。ある者はアメリカにある者は鴨緑江をこえて。そして、ある者はオーストラリアの木曜島まで。裸一貫待っているのは成功の帰還か?それとも異国の地で果てるかの二つ。

私たちは45億年の地球の歴史の最後の80年の存在です。父と母、祖父、見知らぬ祖母、その前の人々は墓に刻まれた名前でしか知りません。過去に生きた人々のおかげで、生きるすべを会得し、今では光が30cm進む時間で何度も計算できる技術ですら机の上にあります。私たちの世界は名も知らぬ人々が発明した科学技術で満ち満ちています。一度も会ったことがない人から最新のRF技術を導入し、一度もあったことのない人にSDカードの基本仕様について教わります。メールの向こうには確かに別の世界で生きる優しい人々がいるのです。

私たちが持ち合わせている時間は限られています。でも祖父の時代に比べると知り合える人々は格段に増えました。そして、皆優しく善意の人々ばかりになりました。彼らの持ち時間も私たちと同じです。人は繋がって生きています。誰も孤独ではありません。夜更けに徹夜で仕事をするときにも、月ではない太陽のもとで仕事をしている人がいます。神様は答えてくれなくても人に問いかければ、必ず答えてくれます。自分の持ち時間を正しく意識できれば、皆そうなります。世の為人の為に生きる。言い尽くされたこの古い言葉以外の道を私は知りません。

ヒロテック株式会社
代表取締役社長 栗須基弘

経営理念

自他の技術を使い、社会の進歩に貢献し、社員と顧客を幸せにする

文明社会は発明であふれています。古来、人類は知恵と努力を重ねて発展してきました。もし、人間に便利なものを想像して工夫する能力がなければ、我々はいまでも動物の世界をさ迷っているでしょう。
また、我々人間は「ものを分け与える」ことができます。「自分だけがよい」という考えよりも、「持たない人々に分け与える」ということが、人間をより幸せにします。このことは、すでにドーパミン排出量の計測で証明されています。
我々は、生まれながらにして幸せを求め、他者と共存し、社会のために働くというすばらしい性質を持っています。たとえ、自分で発明したと思った技術でも、実は先人が積み重ねたものがなければ、実現できるものではありません。
私たちヒロテックは、先人の知恵と努力に感謝し、自社で設計・開発する製品が社会に役立つことを信じて、日々尽力しております。これからも、自他の技術を使い、現代社会の進歩に貢献し、社員と顧客を幸せにすることを目指し続けます。

ヒロテック株式会社グリーンカラーと台形は創業者の出身地である和歌山の自然あふれる山から由来し、自然への畏敬の念と感謝の気持ちを表しています。

また、当初3つ並ぶ丸は創業者の子供に由来していましたが、今では「子供」=「次世代の人」の意味から転じ、次の時代へ向かって人と人との繋がりを大切にする思いを込めています。


会社概要

ヒロテック株式会社

会社名ヒロテック株式会社
英語社名Hirotech Incorporated
所在地〒222-0033 横浜市港北区新横浜1-3-10 新横浜I・Oビル 2階 地図》
電話番号045-471-4891
FAX番号045-471-4892
URLhttps://www.hirotech.com/
設立年月日1993年1月27日
資本金1,000万円
代表取締役栗須 基弘
取締役・大橋 三男 ・上田 大助 ・栗須 ヒロ子 ・栗須 顕人
事業内容デジタル放送・通信関連機器、館内デジタル自主放送機器、映像伝送機器、サーバーラック棚板、AI・画像関連機器などの開発・設計・製造・販売及び受託開発・OEM
主要取引先(50音順一覧)アルビクス株式会社 / 株式会社メック / 東通産業株式会社 / 日本アンテナ株式会社 / 日本電気株式会社 / 日本電計株式会社 / 日本放送協会 / 三友株式会社 / ミハル通信株式会社

沿革

ヒロテックの始まりは半導体IP製品の開発でした。2000年に地デジ用暗号回路(MULTI2)の開発に成功し、インテルを含む米国半導体メーカの多くに販売することができました。その後、組み込みソフト回路・基板・筐体などを自前で開発し、デジタル放送機器の製造を始めました。一部の製品はOEMとして販売しています。新規製品開発とOEM供給を事業の柱と捉えています。

201811月:国際放送機器展(Inter BEE2018)に出展
TS over IP入力 OFDM変調ユニット[NBC9004]発表
201711月:国際放送機器展(Inter BEE2017)に出展
TS over IP入力 OFDM変調ユニット[NBC9002/9003]発表
小型変調器[DBS1080]発表
地デジ 時刻情報使用 小型NTPサーバユニット[HMU100]発表
201611月:国際放送機器展(Inter BEE2016)に出展
TS over IP入力 OFDM変調ユニット[NBC9000]発表
201411月:国際放送機器展(Inter BEE2014)に出展
HNUシリーズ(Hirotech Network Unit)発表
201311月:国際放送機器展(Inter BEE2013)に出展
TS over IP入力 OFDM変調器ユニット[DBS7590]発表
TS over IP入力 ワンセグ/MPEG2/H.264デコーダユニット[DBS7570]発表
201211月:国際放送機器展(Inter BEE2012)に出展
RF監視ユニット[DBS7100]発売
エンコーダ内蔵OFDM変調器ユニット[DBS6055B]発売
201111月:国際放送機器展(Inter BEE2011)に出展
BS/CS110-地デジ エンコーダユニット DBS82576を緊急放送用として納品
DBS82576 BS/CS110-地デジ エンコーダ 発売
201011月:国際放送機器展(Inter BEE2010)に出展
【東通産業株式会社様向け】RF逆送対応地上デジタル再変調ユニット(DBS6061)納入
200911月:国際放送機器展(Inter BEE2009)に出展
200811月:国際放送機器展(Inter BEE2008)に出展
DBS5102&6100, 6002型 発表
DBS5002, 5050, 5130, 6050型 発表
DBS5001でエリア限定ワンセグ実験放送(MBC夏祭り)
G8洞爺湖サミット(マルチワンセグメント実証実験)にDBS5001&DTR2200を納品
DTR2510 3波対応(BS/CS110+地上デジタル)TS記録再生装置 発売
200711月:国際放送機器展(InterBEE 2007)に出展
DBS5000シリーズ(自主放送システム)発表
モニタ内蔵型TS記録装置(DTR1010, DTR2010) 発売
20066月:九州放送機器展示会に出展
11月:国際放送機器展(Inter BEE2006に出展)
DTS4000型 発表
DTR3081 ワンセグ放送8CH 同時記録装置 発表
DTS3010 法定同録システム 発表
DTR2300 ワンセグ放送受信機 発表
200511月:InterBEE 国際放送機器展示会 に出展
法定同録システム DTR3000 を発表
MULTI2デコーダ回路をピクセルワークス社にライセンス
MULTI2デコーダ回路をトライデントテクノロジー社にライセンス
MULTI2エンコーダMSS1000をアクセステレビに納品
MULTI2デコーダ回路をインテル社にライセンス
2004地上デジタル対応TS記録装置 DTR2000 をパイオニアに納品開始
BS/CS110対応TS記録装置 DTR1000をNHK技術研究所に納品開始
2003BS/CS110度チューナ内蔵PCI基板をNHK技術研究所に納品開始
USB2.0 対応バスアナライザ BuScope の発売開始
20023月:藤沢市から横浜市港北区へ事務所移転
8月:株式会社に改組、資本金を1000万円に増資
USB2.0用バスアナライザ BuScope 製品発表
MULTI2 エンコーダ回路をミハル通信にライセンス
パソコン周辺機器の開発開始 TS-DEMUXコントローラなど
BS/CS110度チューナ内蔵PCI基板を三菱電機、ケンウッドに納品
2001マルチアクセスSDRAMコントローラ回路をミハル通信にライセンス
BS/CS110度チューナ内蔵PCI基板を株式会社ケンウッドに納品
16450互換UART(IP製品)発表
BSチューナ基盤に「BSデジタルCASカード」を追加
MULTI2 デコーダ回路を日立ITにライセンス
MULTI2デコーダ回路をミハル通信にライセンス
19931月:ヒロテック有限会社設立

アクセスマップ

ヒロテックへのアクセス

●所在地
〒222-0033
横浜市港北区新横浜1-3-10 新横浜 I・Oビル 2階
電話番号:045-471-4891

▼ 新横浜駅(篠原口)から徒歩でお越しの場合

ヒロテック株式会社

▼ お車でお越しの場合は最寄りのコインパーキングをご利用下さい

ヒロテック株式会社

Google Map