異常RF監視記録再生システム - 放送機器OEM/ODMに強い会社とは?!
▲ TOP

異常RF監視記録再生システム

テレビ放送電波を監視し異常時のRF(アンテナ)信号を記録・再生するシステム

本システムでは、デジタルテレビ放送の受信状況を監視できる小型RF監視ユニット「DBS7100/7101」を使用します。

● コンパクトな筐体で、UHF/VHF・CATV・BS/CSのレベル・C/N・BERのモニタリングが可能

130×38×210のコンパクトモデルながら、UHF・VHF・CATV・BS/CSのレベル・C/N・BERのモニタリングができます。筐体が小型なので設置場所に困ることがございません。
信号状態はフロントパネルとWEBブラウザで確認することができます。専用のアプリケーションはなくWEBブラウザから操作できるため、ネットワークが繋がっていれば遠隔地の測定結果も現地に赴かず取得することができます。
また、便利なメール送信機能を搭載しており、異常発生時にあらかじめ設定したアドレスに自動的にお知らせメールを送信することができます。

● RFキャプチャと組み合わせることで、異常発生時のRF信号を記録・再生が可能

小型RF監視ユニット「DBS7100、DBS7101」のアラーム端子と、RFキャプチャ装置「4417A」(製造販売元:営電株式会社様)を接続します。
放送電波に異常が発生した際、小型RF監視ユニットがRFキャプチャ装置へアラームを通知します。
この通知を受けRFキャプチャ装置はRF信号をSSDへ記録します。記録したRF信号は任意の時間や場所で繰り返し再生することができるため、異常検証の作業をスムーズに行うことができます。

RF信号の記録方法
① DBS7100、DBS7101のアラーム端子と4417AのTRIGGER入力端子をあらかじめ接続しておく
② DBS7100、DBS7101が電波の異常を感知すると、アラーム端子を通じて4417Aに通知される
③ 4417Aを用いて異常発生時のRF信号を記録・再生する

RF監視

この構成で使用している機器

関連ぺージ