会社案内

~大義を掲げて実践する~

 工学とは科学・数学の知識をもとに技を使って物をつくる分野です。技の習得は模倣から始まり、反復練習が必要となります。それを繰り返すうちに、規格から設計ができるようになり、最後は不可能を可能にするレベルまで進むことができます。

 私は、自由を求めて会社を設立しました。それ以来、長きにわたり社員を採用していく中で、様々な経験をしました。その中で思い至ったのが、「大義を掲げて実践する」ということです。

 私の大義は、「社員のために設計をし、会社を成長させ、社員とその家族を物心両面で幸せにする。」というものです。地味な大義で見栄えのしないものに聞こえると思います。

 大義を掲げるというのは、普通の人はあまり考えません。人間には生まれ持った性格があり、この点を変えることは至難の技です。ですが、人格を高めるにはこの方法が最適であることに気づきました。これ以外の方法を私は知りません。

 大義を掲げるようになり、毎日寝る前に「今日は社員のために設計したか?」と自問するようになりました。勿論、趣味の設計を苦痛と思うわけがないのですが、社員のために設計したかと問いかけるわけです。そうすると、設計仕様書は丁寧になり、設計も凝ったものからシンプルで見やすいものに変わっていき、後の人間が困らないような文書を残すことに腐心するわけです。

 設計したものは、社員にセミナーとして説明もします。原価計算の方法などを女性の購買社員にも教え、基板実装時に問題を起こさないように話もします。結果として普通のレベル以上の仕事を心がけるようになるわけです。

 大義の中身は自分のためではなく、他人のためというのが条件です。大義を掲げて実践する。自分の人生をどのように生きるか?
 一つ考えてみてください。

当サイトの閲覧推奨環境は、IE7.0以上、FireFox 3.5以上、Safari、Google Chromeです。