TS over IP 入力 OFDM変調ユニット [NBC9000 / 9002 / 9003]

通信事業者様とCATV局様との光コラボが本格的に始まっています。この製品はそういった光通信網を利用した映像伝送に対応する製品です。

従来のケーブルやV-ONUによる伝送ではなく、NGN網といった光通信網によって映像を伝送します。受信した映像はこの製品でOFDM変調、宅内の既存RF信号と混合してテレビに映します。そのため、STBとは違い、ご家庭のテレビリモコンで選局・視聴できるのが大きな特長です。

コミュニティチャンネル等の伝送はもちろん、将来の4K/8Kのネットワーク伝送にも対応できる新時代のIP変換ユニットとなっています。

  • カタログ

新開発の小型筐体にIP入力機能とOFDM変調機能を搭載

B6サイズの小型筐体に、TS over IP入力機能とOFDM変調器(ISDB-T方式)を搭載しました。
宅内の既存RF信号と簡易に混合することが可能。小型のため、自由に設置できます。

通信機能を強化

IPv4・IPv6・FEC・マルチキャスト受信(IGMPv2/MLDv1/MLDv2)対応。
IP回線でも高品質の映像伝送が可能です。

TSパケットの暗号化

視聴制限機能付きIP送信装置(開発中)と組み合わせることでTSパケットの暗号化伝送に対応します。
特定のユーザーにのみ映像を伝送することが可能です。

ご家庭のテレビリモコンで選局可能

IP受信した映像信号をUHF帯にて再変調を行いRF出力します。
コミュニティチャンネル等の独自放送を各ご家庭の地デジアンテナや、
V-ONU等から来る通常放送の空きチャンネルに割り当てることで、
STB等を使用せずテレビ付属のリモコンでスムーズに選局可能です。

多チャンネルに対応

NBC9000では 1 chのみの対応でしたが、NBC9002では 2 ch、NBC9003では 3 chまで対応いたします。
用途に合わせて必要なチャンネル数をお選びいただけます。

インターフェース

NBC9000_量産筺体_前面(解説付き)

ブロック図

NBC900Xブロック図2

製品の接続例

NBC900X使用例

基本仕様

TS over IP部
イーサネット 100 BASE-TX / 1000 BASE-T FULL/HALF-DUPLEX
対応プロトコル IPv4 / IPv6 RTP(UDPのみ)
マルチキャスト (IGMPv2, MLDv1, MLDv2)
FEC対応 Pro-MPEG CoP3
TS 入力形式 MPEG-2 TS (188 / 204 byte) ※暗号化対応
OFDM 変調器部
出力端子・レベル・チャンネル F型 75 Ω ・ 75~95 dBuV ・ UHF : 13~62 ch
出力周波数 473~767 MHz
変調方式 MODE3 13 セグメント
一般仕様
消費電力 DC 12 V で 10 W 以下(ACアダプタ付属)
ケースサイズ 182 (W) × 33 (H) × 128 (D)mm (突起含まず)
重量 850 g以下
動作温度 温度 5~40 ℃ 湿度 55 % ±10 RH (結露なきこと)
保存温度 温度 -20~60 ℃ 湿度 20~85 % RH (結露なきこと)

付属品

ACアダプタ

当サイトの閲覧推奨環境は、IE7.0以上、FireFox 3.5以上、Safari、Google Chromeです。