代表者挨拶

代表者挨拶

技術者の本分は、生きている間に現社会の進歩に貢献することにあります。 芸術家でも科学者でもない技術者が設計するものは、一時的な技術革新に貢献するだけかもしれません。そして、10年前に開発された技術が、10年後にも使われるとは限りません。
それでも、私たちが設計するものが社会に役立つことを信じて努力を重ねてまいりたいと考えております。
今後とも皆様のご厚情とご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

当サイトの閲覧推奨環境は、IE7.0以上、FireFox 3.5以上、Safari、Google Chromeです。