Q&A

BMLとは?

ARIB(社団法人電波産業会)によって策定された、XMLベースのデジタル放送におけるデータ放送向けのページ記述言語です。

映像と音声による放送に、さらに双方向性やインターネットとのリンクを提供するための技術となっています。

デジタル対応のテレビには、BMLで記述されたコンテンツを再生する「BMLブラウザ」が搭載されています。

BMLを使うと、 TV画面のどこに何をいつ表示するかという「空間/時間的提示の制御」及び、 関連する番組やインターネットのURLを示す「リンク」、 タイトルや本文などを示す「構造の表現」、 操作ボタンなどの「ユーザインターフェース」 などを規定することができます。

データ放送を制御する性質上、Webページの記述言語のHTMLをXML対応にした「XHTML」という言語をベースに、動画・音声の制御を中心とする拡張が図られており、情報の自動更新機能などもあり、プッシュ配信型サービスに特化した言語となっています。

Q&Aトップに戻る

製品についてより詳しくはこちらからお問い合せください。

当サイトの閲覧推奨環境は、IE7.0以上、FireFox 3.5以上、Safari、Google Chromeです。